東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 歯科医師―

吉武 輝 院長/グランティース白金台歯科(白金台駅・歯科)の院長紹介ページ

吉武 輝 院長

TERU YOSHITAKE

「治す」から「再発しない」医療へ。定期的なメンテナンス「歯検」を実践。

大学卒業後、東京医療センターに勤務。その後、白金台駅から徒歩1分の場所に開業。

吉武 輝 院長

吉武 輝 院長

グランティース白金台歯科

港区/白金台/白金台駅

  • ●歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●矯正歯科

歯を守ることは、命そのものを守ること。

吉武 輝 院長

叔父が長野で開業医をしていました。私はその叔父に憧れ、同じ仕事がしたいと思い、この仕事を志すこととなったのです。叔父は、言ってみれば“変わった人”でした。カメラが好きで、知らないうちにどこかに旅に出ていたり(笑)、一方で家は壁一面の本に囲まれ、読書を友としていました。そしてまた、実に楽しそうに仕事をしていたものです。
大学生になった頃だと記憶していますが、叔父から、「医療は愛。歯は命」という言葉を伝えられました。抽象的な表現でしたけども、私の心に刺さりました。
愛にもさまざまな意味がありますが、叔父の言う愛とは、深い意味での愛情のこと。誰であろうとも分け隔てなく、目の前の患者さんに全力を尽くしていく。叔父は、入れ歯1つ作るにも、歯の長さや色に、咬み合わせなどにこれでもか!というくらいにこだわっていました。まだ審美歯科学会すらなかった時代に、それで若さを取り戻せるならと手を尽くしていたのです。
歯が命をつないでいくために大変重要な器官であることは、理解いただけるかと思います。同時に、私たち歯科医師にとって、歯を守ることは命そのものです。その考え方からすれば、たとえ1本であってもなくなってよい歯などなく、1本の歯を守るためにあらゆる手を尽くし、考え抜かなければなりません。『グランティース白金台』は、叔父から受け継いだ理念を形としたものなのです(都営三田線/東京メトロ南北線・白金台駅から徒歩1分)。

「治す」エキスパートから、「次にまたそうならない」ためのエキスパートへ。

吉武 輝 院長

私たちは、“治す”エキスパートです。しかし、本当に大切なことは、ただ“治す”だけに終わらず、「次にまたそうならない」ようにすることであり、それこそが医療に携わるものの役目だと考えています。
究極の歯科医療とは何かと問われるなら、それは、咬み合わせを守ることだと私は答えるでしょう。歯周病や虫歯から歯を守り、はたまた、美しさを保つことも、これはしっかりとした咬み合わせがあるからこそなのです。インプラントや入れ歯やブリッジにしても、咬み合わせの調和をとるための手段であり、手段が先行することは好ましくないと私は考えています。
一方で、日本人の歯並びの悪さをやり玉にあげ、治しようがないと仰る向きもあります。私は、「だったら、歯並びを治してあげれば良い」と思うのです。それが難しいのであれば、今のあごの具合や歯並びの中で、最適な調和がとれるようにしてあげるべきではないでしょうか。歯並びが悪いからといって、すべてをあきらめる気には、私はなれません。患者さんのために合った最適な治療プランを提示できるように研鑽を続けていきたいと思っています。
開院当初は白金台院のみでしたが、現在は武蔵小山院、大岡山院を含めた3医院の総院長として、より広い地域の方々にグローバルスタンダードな治療を提供しています。

歯磨きが苦手でも大丈夫。私たちがいます。

吉武 輝 院長

たとえば歯みがきができない人がいるとして、その人を見捨ててしまって良いのでしょうか。歯が磨けないのには、何かしらの理由があるはずなのです。もちろん、お口を清潔に保つのに最もコストパフォーマンスが良いのは、日々の歯みがきであることは確かなことです。しかし、それができないのであれば、それに代わりうる方法は絶対にあるはず。治療も同様ですが、本当に親身になり、その人に合った方法を一緒に考えていきたいと思っています。
当院ではスタッフに、もし歯が磨けてない人がいらしたら、「心配しないで、あとは私たちが何とかするから」と患者さんに言えるようにしようと、伝えています。気持ちの問題かもしれませんが、本当にそう思い、実践する姿勢が、医療に携わるものには必要なのです。

これまでも、これからも、ずっとグローバルスタンダードの治療を。

私が『グランティース白金台』を開院したのは、2007年のことになります。それよりさかのぼること5、6年前から、私は金属を扱う治療をおこなっていません。メタルフリーと言えば、今でこそ市民権を得ていますが、当時はずいぶん変わった目で見られたものでした。
グローバルスタンダードで考えれば、欧米諸国では金属を使わないセラミックス治療が主になって来ており、さらに金属アレルギーの問題もあります。他に代わる材料がなければ仕方がありませんが、今は、レジンやセラミックスのように優れた材料が存在します。さらに言えば、歯とは本来、白いもの。白いものを白く治すことは、考えるまでもなく当たり前のことではないでしょうか。
大学卒業後、10年間「独立行政法人東京医療センター」に勤務しました。そこで学んだ医学的知識は今も日々の治療に役立っております。

これから受診される患者さんへ。

人の顔の中に、白という色は、歯と、目の白目にしか存在しません。そして白には、健康や清潔感をあらわす、特別な力があります。歯が健康できれいなことは、その人の人生を時に左右するものであり、その価値はお金にはかえられない一生の財産だと言えるでしょう。私たちは、歯を通して、その人の素敵な人生をサポートしてきたいと考えています。
グランティースとは、“良い歯”を意味します。グランティースに来れば、自分に合った良い歯科医療が受けられる。多くの方にそう思っていただけるよう、「医療は愛。歯は命」という理念をかみしめ、精一杯の治療を提供させていただきます。

※上記記事は2016.7に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

吉武 輝 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:ゴルフ、スポーツ鑑賞/歯科医療
  • 好きな本・作家:東野圭吾
  • 好きな映画:スター・ウォーズシリーズ
  • 好きな言葉・座右の銘:一期一会
  • 好きな音楽・アーティスト:映画音楽
  • 好きな場所・観光地:映画館

グラフで見る『吉武 輝 院長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION