東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(東京)―

流産の解説

流産

原因
受精後間もない流産の約半数は、受精卵そのものに問題が異常があるとされている。母体の腹部に強い力が加わったり、母親に全身的な病気がある場合もあるが、原因がはっきりしないケースも多々ある。
症状
妊娠22週未満で分娩に至るもの。出血をともなって下腹部痛がおこる。しだいに下腹部痛が強くなり、出血量も増えていく。
治療
妊娠中期までの切迫流産は安静を保ち、止血薬や子宮収縮抑制薬などをもちいる。切迫流産が進行し、流産の可能性が避けられない状態を進行流産とよぶ。進行流産で一部子宮内に内容物が残っている場合には、子宮内容物をかき出す処置をおこなう。
受診科目
産婦人科
産科

『流産』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

流産とは、胎児が胎外で生存不可能な時期の分娩と定義されています。実際には妊娠22週未満の分娩をいい、このうちほとんどの自然流産は、前半の妊娠12週までに起こる初期流産です。

出典:流産とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

妊娠初期の出血イコール流産と考える人が多いようですが、痛みや出血がまったくない状態で、流産と診断されることもしばしばあります。反対に少量の出血があっても、その多くは正常に妊娠が継続します。 もちろん、流産では少量の出血がみられることが多く、子宮内容が排出される時には多めの出血と下腹部痛を伴うので、出血は注目すべき症状です。

出典:流産とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

稽留流産や進行流産と診断された時は、子宮内容を取り除く処置(麻酔・手術)を受けるのが普通です。自然に子宮内容が排出されてしまっても、一部が残ることがある(不全流産)からです。通常は1〜2日の入院となります。 ただし、胎嚢が見えないくらい初期の流産や、胎嚢が1〜2cmなど小さい場合は、完全流産となって処置が不要なこともあります。

出典:流産とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

対応可能クリニック

513件中1~20件を表示

1 PAGE 1/26 26
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート