東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 症状検索(東京)―

常位胎盤早期剥離の解説

常位胎盤早期剥離

原因
妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)などの理由により、母体と胎児をつなぐ胎盤が分娩前に子宮の中ではがれてしまうもの。
症状
出血があり強い下腹部痛をともなう。血尿、血便、吐血などの症状が現われることもある。
治療
原則として、胎児を守るために帝王切開をおこなう。子宮の出血が止まらない場合、子宮を摘出することもある。
受診科目
産婦人科
産科

『常位胎盤早期剥離』についてまとめてみた

院長先生

当サイトスタッフ/院長先生

正常な位置にある胎盤が胎児の娩出よりも前に子宮壁から剥離されることをいいます。何らかの理由で生じた出血が胎盤後血腫(たいばんこうけっしゅ)を形成し、それにより周囲の胎盤の剥離が進行します。

出典:常位胎盤早期剥離とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

臨床症状は剥離の程度により異なりますが、出血、下腹部痛、子宮圧痛、子宮硬直などが多くみられます。次第に腹痛が強くなり、子宮内の出血の増加に伴い、子宮は板状に硬直し、子宮内胎児死亡、ショック症状が現れてきます。

出典:常位胎盤早期剥離とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

治療の基本方針は、すみやかな子宮内容の除去です。母体と胎児の状態を把握し、母体の全身管理を行い、胎児が生存し仮死(かし)状態である場合には可及的すみやかに急速遂娩(きゅうそくすいべん)(経腟(けいちつ)分娩直前でなければ帝王切開)を行います。 胎児が死亡した場合でも、時間の経過によりDICの発生のリスクが増加するため、すみやかな経腟分娩、それが期待できなければ帝王切開を行います。それと同時にDICに対する予防、あるいは治療を行います。

出典:常位胎盤早期剥離とはどんな病気か|症状や原因・治療と関連Q&A - gooヘルスケア

対応可能クリニック

513件中1~20件を表示

1 PAGE 1/26 26
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート