東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

服部 拓哉 院長/はっとり小児科(ときわ台駅・小児科)の院長紹介ページ

服部 拓哉 院長

TAKUYA HATTORI

子供たちの未来のために。地域密着の明るく暖かいクリニックを目指す。

大学卒業後、複数の病院を経て帝京大学医学部小児科に勤務。その後、本蓮沼駅近くに開院。

服部 拓哉 院長

服部 拓哉 院長

はっとり小児科

板橋区/前野町/ときわ台駅

  • ●小児科

子供たちの未来を救いたい。

服部 拓哉 院長

高校生の後半、いよいよ受験を目前に控えた頃だったでしょうか。他と比べて、医者という職業が私に向いているのではないかと思ったのです。たとえば普通に就職をして、営業を担当したとしても、私には極めて不向きだなと感じていました。かといって手先が器用なわけでもありませんし、悩んだ挙げ句に出てきたのがこの仕事でした。患者さんと話をすることそのものが仕事になる。やりがいもありそうでしたし、これならば頑張れると考えたのです。
手先が器用ではないので、外科系は初めから選択肢にありませんでした。すると内科系ということになりますが、中で興味が湧いたのが、子どもを対象とする小児科だったのです。子どもには、その先に未来が待っています。私が携わることでその子の未来を救えるのならば、それは非常に光栄なことだと考えたのです。
2003年に『はっとり小児科』をこの地に開設しました。以前、帝京大学に勤めていたので、大きな病気を抱えたお子さんをスムーズに紹介できる場所をと考えたのです。患者さんの数に恵まれるところはもっとあったかもしれません。しかし、縁もゆかりもない場所で始めるよりは、馴染みのあるところが良いと思った次第です(都営地下鉄三田線・本蓮沼駅から徒歩8分、東武東上線・ときわ台駅から徒歩15分)。

お母様が安心して帰れるような診療を心がける。

服部 拓哉 院長

小児科の病気はそのほとんどが軽症であり、こちらが何もせずとも治ってしまう割合は90%を越えると思われます。ただし、残りの5%少々のケースについては、しっかりとした治療をしなくてはなりません。私の仕事はその5%のケースを見つけ出して、大きな病院で治療を受けていただくことであり、もう1つは、大半を占めるお子さんのお母さんに安心していただくことだと思っています。
しかし、心配でたまらないお母さん達に納得していただくのは容易なことではありませんし、特別な方法があるわけでもありません。特に今は情報化の時代ですから、ネットで検索すれば大方の病気の概要をつかむことができる。となれば、我々にできることはありのままをお話することに尽きるのではないでしょうか。不安をあおるようなことを口にすることなく、心配な部分があればそれを包み隠さずお話しする。安心してお帰りいただけるよう、心を尽くすということが大事なことと思います。

ご両親の不安に寄り添う、子育てなんでも相談室「ほっと」。

服部 拓哉 院長

縁あって存じ上げている臨床心理士の星合先生に月に3回いらしていただき、親御さんの育児の悩みにお応えいただいています。普段の診療では、後ろで患者さんが待っていらっしゃるので、なかなか時間をとって対応するというわけにもまいりません。「ほっと」では50分という枠をおとりしていて、じっくりとお話をうかがうことが可能です。
小児科の場合、お子さんの成長に関するご相談もさることながら、お父さん、お母さんの悩みに答えていく役割もまた大きいのです。ご両親の不安を解消すると先にも述べましたが、「ほっと」はその延長線上にあるものですね。

防げる病気を確実に防ぐための予防接種。

こちらで開業して13年が経とうとしていますが、予防接種の種類は格段に増えました。当時は同時接種なんてことはありえませんでしたし、またその必要もなかったわけですが、今は同時接種なしではスケジュールをこなすことも難しくなってきています。同時接種が一般的になってきたことで、かえって負担は減ったかもしれませんね。
人の考え方はそれぞれですから、各々の考えを尊重したいとは思うのですが、気になることと言えば、関心をそれほど持っていらっしゃらないことをお見受けすることです。たとえば、4回ワクチンを射たなければならないものを、1回だけいらして、音沙汰がない場合。長いこと医者をやっていると、麻疹のワクチンを接種しなかった子どもが、麻疹脳炎となり、最悪の事態に陥ったケースを目にしてきました。例外的な事象かもしれないですが、それで亡くなってしまうと、私も後悔が残ります。防げる病気については、意識を高く持っていただきたいものですね。

これから受診される患者さんへ。

子育ては大変なのものですが、どこか、楽しみながら日々を過ごしていただければと思います。最近は40代で初めてのお子さんを持つケースも稀ではなくなりました。その方達に共通することとして、ちょっとしたことでも不安に陥ることが多い気がします。無理もありませんが、少しの余裕を持ち、面白がって子育てに取り組んでみてはいかがでしょうか。そのために、小児科を上手に使っていただきたいですね。

これは1つお願いなのですが、小児科とはいえ、すべてを診るというわけにはまいりません。外傷もそうですが、明らかに意識のないケースで、のんびりと街のクリニックに掛かっている暇はないわけです。時と場合によって、医療機関を上手く使っていただければと思います。

※上記記事は2015年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

服部 拓哉 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:音楽鑑賞、落語
  • 好きな本もしくは愛読書:時刻表
  • 座右の銘もしくは好きな言葉:万物は流転する
  • 好きな音楽もしくは好きなアーティスト:クラシック
  • 好きな場所もしくは好きな観光地:広々として静かなところ

グラフで見る『服部 拓哉 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION