東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

望月 充邦 院長

MITSUKUNI MOCHIZUKI

最新鋭の医療機器と豊富な経験をいかして
地域のみなさまの健康をしっかりとサポート

弘前大学医学部を卒業後、大学病院や関連病院で診療にあたる。2013年より米倉脊椎・関節病院に勤務し、分院の開業にあわせて院長に就任。

望月 充邦 院長

望月 充邦 院長

米倉整形外科クリニック

足立区/六町/六町駅

  • ●整形外科
  • ●リハビリテーション科

豊富な知識と経験をいかして、地域医療に貢献する

望月 充邦 院長

私は学生時代から目が悪くて、苦労が多かったんですね。そのため、自分の目を自分で治せないかと考え、医療に興味を持つようになりました。そうした理由で医学部に進学しましたので、最初は眼科医になろうと思っていたのですが、大学時代にラグビーでケガしたことをきっかけに、整形外科に進むことを決めました。
大学卒業後は、青森県や北海道の病院で診療にあたっていました。私が勤務していたのは地域の中核病院だったものですから、外傷で運ばれてくる患者さんがとても多くて、24時間体制で治療にあたるケースも少なくなかったんですね。整形外科医としてのスキルが磨かれる一方で、私の中で1人1人とじっくり向き合いきたいという気持ちが大きくなり、患者さんに近い場所で診療していくことを選びました。これまでに培ってきた知識や経験をいかして、地域のみなさまの健康をしっかりサポートしていきたいと考えています。

関節・脊椎の病気をはじめ、整形外科領域の疾患に幅広く対応

望月 充邦 院長

『米倉整形外科クリニック』では、日常生活でのちょっとしたケガや膝痛・腰痛などの治療、運動機能の回復を目的としたリハビリテーションなど、幅広い診療をおこなっています。私自身、人工関節をはじめとした関節疾患の治療を得意としておりますし、クリニックの母体である医療法人の理事長は、脊椎の病気のスペシャリストです。各分野の専門家が連携して、患者さんお1人お1人に最適な治療をご提案できるという点は、このクリニックならではの特長と言えるでしょう。
実際に、本院である『米倉脊椎・関節病院』で撮影したMRI画像は、ネットワークにつないでこちらのクリニックのモニターでも確認することができます。ここで対応できる症状であれば責任をもって治療にあたりますし、入院や手術が必要な場合には本院へご紹介させていただくこともできるでしょう。手術を受けられた後はこのクリニックで経過を見守り、必要な場合にはリハビリテーションなどをおこないながら、早期回復のお手伝いができればと思います。

治療とリハビリテーションを組み合わせて、QOL(生活の質)向上をサポート

望月 充邦 院長

来院される患者さんは、小さなお子さんからご高齢の患者さんまで幅広い年齢層になり、お悩みの内容もさまざまです。若い世代の方ではスポーツでのケガや、日常生活の中でどこかにぶつけて、痛みが引かないといったケースが多いでしょうか。私自身、学生時代にラグビーをしておりましたし、スポーツドクターの資格も有しておりますので、何かお困りのときには気軽にご相談いただきたいと思います。
お薬や注射による治療に加えて、明るい陽ざしが入るリハビリテーション室では、運動機能を回復するためのトレーニングを受けていただくことができます。医師と理学療法士が連携して、患者さんお1人お1人にオーダーメイドの治療計画を作成し、治療とリハビリテーションを組み合わせることによって、QOL向上をサポートしたいと考えています。

最新鋭の骨密度測定装置を導入し、骨粗鬆症治療に力を注ぐ

メディアで取り上げられたこともありますから、「いつの間にか骨折」という言葉をご存知の方も多いのではないでしょうか。とくに自覚症状がないままに骨粗鬆症が進行して、知らない間に骨がつぶれてしまう、というケースがあるんですね。骨粗鬆症になるのは、男性よりも女性の方が多く、閉経前後の女性はとくに注意が必要です。
骨密度を測る医療機器はさまざまありますが、当院ではいちばん正確な数値を測定できる最新鋭の骨密度測定装置を導入しています。検査結果をみて、必要があれば内服薬を処方したり、注射による治療をおこないながら、しっかりと経過を見守っていきます。「いつの間にか骨折」ということがないように、もしも骨密度を一度も測ったことがないという場合は、積極的に受診していただきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『米倉整形外科クリニック』は、「六町駅」A1出口から歩いて5分ほどの場所にあります。
最近は、紫外線がもたらすデメリットばかりがクローズアップされていますが、丈夫な骨をつくるために紫外線は欠かせません。せっかくビタミンDを摂取しても、ある程度の紫外線を浴びなければ、骨をつくる細胞が活性化されないんですね。暑い時期には朝・晩の涼しい時間を狙って、15~20分程度のお散歩を心がけていただくと良いでしょう。そしてもしも、医療を必要とされる場面がありましたら、お気軽にご相談いただきたいと思います。

※上記記事は2019年5月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

望月 充邦 院長 MEMO

整形外科専門医

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味:ゴルフ
  • 好きな作家:東野圭吾
  • 好きな映画:SF
  • 好きな言葉・座右の銘:努力は必ず報われる
  • 好きな音楽:ロック
  • 好きな場所・観光地:函館

グラフで見る『望月 充邦 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION