東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

岡田 章佑 院長/旗の台ライフクリニック(長原駅・内科)の院長紹介ページ

岡田 章佑 院長

AKIHIRO OKADA

各分野のスペシャリストが連携することで
24時間・365日、安心の医療を提供する

山形大学医学部を卒業後、消化器外科を専門に研鑽を積む。外来診療や手術を担当する傍ら在宅医療にも携わり、幅広く経験を重ねる。2018年10月、『旗の台ライフクリニック』院長に就任。

岡田 章佑 院長

岡田 章佑 院長

旗の台ライフクリニック

大田区/上池台/長原駅

  • ●内科
  • ●外科
  • ●整形外科
  • ●訪問診療

1人の患者さんを最期まで診たい、強い気持ちで診療にあたる

岡田 章佑 院長

私は、父の仕事の都合で、子供時代を海外で過ごしていました。あちらでは、手術シーンなどを放送するテレビ番組があって、小学生の頃からよく見ていたんですね。海外生活を送るなかで、自分のまわりの人が病気になったら「怖いな」「何か出来たらいいな」と考えていたせいかもしれません。小・中・高と年齢を重ねるなかで、医学への興味が「医師になろう」という明確な目標に変わって行ったのだと思います。
大学卒業後は、首都圏各地の総合病院で診療していました。専門が消化器外科なものですから、大腸ガンをはじめとしたガン患者さんの治療にあたることも多かったんですね。手術はもちろん術後の全身管理など幅広く経験を重ねるなか、1人の患者さんを「最期まで診たい」という想いから、在宅医療にも携わるようになりました。

24時間・365日体制で、患者さんとご家族を支える

岡田 章佑 院長

『旗の台ライフクリニック』は「在宅医療の総合病院」をめざし、24時間・365日体制で、患者さんのあらゆる症状に対応しています。私の専門分野は消化器外科ということになりますが、消化器の病気だけを診ると言うわけではありません。勤務医時代には、手術を終えた患者さんの全身管理なども担当しておりましたので、心臓や呼吸器などを含めて、1人の患者さんをトータルに診るスキルを身につけることができました。
また、当クリニックの母体である医療法人には複数名のドクターが在籍しており、それぞれに高い専門性を備えています。「在宅医療の総合病院」を掲げるだけあって、どのようなご依頼もお断りせず、夜間や休日も必ず駆けつけられる体制を整えていることは、私たちの強みではないでしょうか。患者さんやご家族との信頼関係を大切に、みなさまのQOL(生活の質)向上のお手伝いをさせていただきたいと思っています。

各分野のスペシャリストが連携し、定期ケアから終末期医療まで対応

岡田 章佑 院長

「在宅医療」という言葉を聞いても、何だかよくわからない、イメージがわかない、とおっしゃる方も多いのではないでしょうか。一般的に言われる「在宅医療」の定義は、通院が困難な患者さんのもとへ医師と看護師などが訪れ、必要な治療やケアをおこなうこと。『旗の台ライフクリニック』の主な訪問エリアは、大田区・品川区・世田谷区・目黒区のほか、川崎市の幸区・川崎区になっています。
私たちが担当する患者さんの年齢層は、生後数ヵ月~100歳前後と幅広く、症状などもさまざまです。そのため、各分野の専門家が連携して治療にあたることはもちろん、必要な場合にはポータブルタイプの医療機器を持参して、その場で検査をおこなうこともあります。たとえば、骨折が疑われる患者さんのもとにX線検査装置をお持ちして、撮影したらすぐにクラウドで画像を共有し、整形外科のドクターに確認してもらう、といった具合です。また私自身、消化器外科で培ったスキルをいかして、腹水を抜くといった終末期医療をおこなうことも可能です。患者さんやご家族にとって、いちばん良い方法をご提案できるかと思いますので、何かお困りのことがございましたら一度ご相談いただきたいと思います。

患者さんやご家族とのコミュニケーションを大切に、確かな信頼関係を築く

患者さんはそれぞれ、年齢も性別も、社会的な背景も異なりますから、診療する際の「マニュアル」のようなものが作れるわけではありません。それでも私たちは、患者さんご本人や、患者さんを支えていらっしゃる方々とのコミュニケーションを密にして、確かな信頼関係を築いていきたいと思っています。
詳細な病状や検査データを教えてほしいとおっしゃるならば丁寧にご説明しますし、「先生に任せるよ」と言ってくださるならば精一杯力を尽くします。もしも相手がお子さんの場合には、お互いの距離が縮まるようにグッと近寄ってみたり(笑)。そんな風にして、患者さんお1人お1人に寄り添っていきたいと思います。医療においては、「病気」よりも患者さんという「人」をみるようにと言われますが、在宅医療はまさに「全人的な医療」そのものと言えるのではないでしょうか。

これから受診される患者さんへ

『旗の台ライフクリニック』は、「長原駅」から歩いて2分ほどの場所にあります。
「一度入院してしまうと自宅に帰れなくなりそうで怖い」とお考えの方も多いでしょう。また、「在宅医療についてよくわからない」という方もいらっしゃるはず。そんなみなさまとご一緒に考え、それぞれのケースでいちばん良い解決方法を見つけられるのが、私たちです。いまお困りのこと、不安に感じていらっしゃることを、何でもご相談いただきたいと思います。

※上記記事は2019年2月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

岡田 章佑 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:ギター、チェロ、読書
  • 好きな本・愛読書:オールジャンル
  • 好きな映画:インターステラ
  • 好きな言葉・座右の銘:面白き事もなき世を面白くすみなすものは心なりけり
  • 好きな音楽・アーティスト:上原ひろみ、ジャック・ジョンソン
  • 好きな場所・観光地:山形、ベネチア、ウユニ塩湖

グラフで見る『岡田 章佑 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION