東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医師―

古谷 正敬 副院長 & 朱 丞華 先生/ローズレディースクリニック・2nd(尾山台駅・婦人科)の院長紹介ページ

古谷 正敬 副院長 & 朱 丞華 先生

MASATAKA FURUYA & ZHU CHENGHUA

一般婦人科診療を幅広く扱い地域医療に貢献する
難治性不妊治療のノウハウを婦人科治療に応用

【古谷 副院長】
慶應義塾大学を卒業後、同大学産婦人科学教室に入局。京都大学での研究や慶應義塾大学での専任助教、永寿総合病院産婦人科主任部長を経てローズレディースクリニック2ndに勤務。現在施設管理者副院長を務める(東急大井町線「尾山台駅」より徒歩1分)。
【朱 先生】
上海市交通大学医学部を卒業し、産婦人科医として臨床経験を積む。その後、東京医科歯科大学大学院歯学にて、医師免許を取得。聖マリアンナ大学病院での勤務を経て、ローズレディースクリニック2ndで診療にあたる。

古谷 正敬 副院長 & 朱 丞華 先生

古谷 正敬 副院長 & 朱 丞華 先生

ローズレディースクリニック・2nd

世田谷区/等々力/尾山台駅

  • ●婦人科

女性の悩みに寄りそう治療を

古谷 正敬 副院長 & 朱 丞華 先生

【古谷 副院長】
慶應義塾大学在学中、臨床研修で知り合いになった先生が産婦人科の先生でした。当時あまり行われていなかった胎児への治療などもされていた方です。夜遅くまで楽しく研究をされる姿に、こういう方がいる産婦人科は魅力があるな…と感じました。自分の進路として産婦人科を選んだのはこの方の影響がとても大きいですね。その後、母校の産婦人科に勤務。不妊治療や内視鏡手術を中心とした臨床経験を積みながら京都大学大学院で研究も行い母校では専任助教を、永寿総合病院で産婦人科の主任部長を務めました。生涯の専門として不妊治療を追求したいと考えていた時に出会ったのが石塚先生です。始めは非常勤としてことらのクリニックに通わせていただき、2年ほど学んだ後、ローズレディースクリニック2ndの立ち上げに伴い施設管理者を任せることになりました。ここでの診療は自分のライフワークとして、とても合っていると感じています。

【朱 先生】
私は若いころからひどい生理痛に悩まされてきました。しかし、周囲の理解を得られずとても辛い思いをしたものです。自分のような辛い思いする人を少しでも減らしたいという思いから、医師の道を選んだ大きな理由です。ですから診療科として婦人科を選んだのはとても自然なことでしたね。
上海市交通大学の医学部を卒業後は、医学士を取得。産婦人科医として4年間臨床経験を積みました。そんな折学会で知り合った先生のご縁で日本に留学することになり、東京医科歯科大学大学院に入学。博士課程を修了し、医師免許を取得しました。卒業後にご縁がありお会いしたのが石塚院長です。聖マリアンナ大学の臨床研修でご一緒させていただいたのをきっかけに、このたびローズレディースクリニック2ndの医師として勤務させていただくことになりました。熱心に診療を続ける姿からはいろいろなことを教えていただいています。もう私は石塚院長ファンといえるかもしれません(笑)。現在は患者さんのご都合に合わせて、ローズレディースクリニック本院と2ndの両方で診療を行っています。

地域の婦人科としての役割、難治性不妊治療で培った経験を生かして

古谷 正敬 副院長 & 朱 丞華 先生

【古谷 副院長】
このローズレディースクリニック2ndは2017年9月に開院いたしました。尾山台駅から徒歩1分の場所にあり、電車や徒歩で通いやすい場所にあります。診療科目は婦人科と不妊治療一般です。
当院を開院した理由は二つあります。一つは難治性とされる不妊症で悩む患者さんへの診察や治療を行うこと。現在当クリニックは本院にたくさん来ていただいている患者さんの診察室としても機能しています。もう一つは地域にお住まいの方に不妊治療のノウハウを生かした当院ならではの婦人科診療を提供することです。今のところ患者さんの5割程は婦人科関連の方、5割の方は本院に通われている方です。
院内には患者さんの待合いスペースのほか、内診室にエコー装置、採血設備があります。1階は採血と受付、2階は診察と分けて、院内を効率的にレイアウトしているのが特徴です。スペースで十分に確保し、ゆったりと過ごしていただける環境をつくりました。
1階にある採血室は不妊治療の患者さんにも婦人科の患者さんにも大切な施設。当院の採血室は女性ホルモンの採血分析が院内でスピーディーにできるという特徴があります。女性ホルモンの数値は不妊治療に必要な卵子の育成状況を判断する指標になり、不妊治療を行う患者さんには非常に有利な情報源になります。ですから、その日必要な診療をリアルタイムで行えるという大きな利点があるのです。また、同時にこのホルモン検査は更年期など婦人科の症状で悩む患者さんがご自分の状態を把握する役に立つというメリットもあります。不妊治療はもとより、子宮癌検診、思春期、更年期の諸問題、避妊法など婦人科のさまざまな症状でお困りの方はご相談に来ていただければと思います。

難治性不妊治療で培った経験をベースとした診療

古谷 正敬 副院長 & 朱 丞華 先生

【古谷 副院長】
当院の診療の土台は、今まで難治性とされる不妊治療を数多く手掛けてきたさまざまなノウハウです。今まで培った経験を生かし、お子さんが欲しい方たちへは不妊治療を、ホルモンバランスなどにより、体調を崩されている方には女性ホルモンの管理を行い、生涯健康を維持して行くお手伝いもして行きたいと考えています。
当クリニックの患者さんの受診理由は年代によりさまざまで、不妊治療以外にも、若い方は月経困難症や避妊のためのピルの処方で、中高年の方はホルモン異常による更年期障害や子宮がんなど検診を目的として受診される方もいらっしゃいます。
いままでローズレディースクリニックが、難治性不妊治療の診断、治療で培ってきた経験はこうした婦人科の治療にも生かすことができます。女性ホルモンの異常は女性に取りさまざまな弊害を伴います。更年期障害や体調を崩した方には、今まで培ったホルモン治療のノウハウを応用し、治療のリスクを下げて健康を維持するお手伝いをしていければと思っています。女性のホルモンの管理全般を行う診療といえるでしょう。
また、月経の乱れの際ピルの服用する方も多くいらっしゃいますが、この背景には不妊の前兆ともなる症状が隠れている可能性もあります。ピルの服用をやめたら生理が来なくなってしまった…などの月経不順はもしかしたら不妊の前兆かもしれません。当クリニックではそうしたことにも配慮して一般の婦人科よりも一歩踏み込んだ視点でピルの処方と経過観察をすることができます。
またほかにも、婦人科一般診療ではがん検診への不安や女性特有の悩みを持つ方も多いのです。がん検診は必要であれば超音波検査もプラスしてより正確な診断をおこなうように努めています。診療に際しては卵巣の機能は大丈夫なのかな…というような患者さんからの素朴なお悩みにも答えていければと思っています。

普段の診療で心がけていること

【古谷 副院長】
私が診療の際に大切にしていることは患者さんにかたよりのない中立的な意見を伝えること。例えば、難治性不妊症と診断された患者さんであっても必ずしも不妊治療をやらなくてはいけない…というものではありません。不妊治療をするかしないかも含め、治療をするのであればどのような治療を行うのか、治療の選択肢は患者さんが選ばなくてはなりません。そのために医師がすることはなるべく公平な立場でさまざまな選択肢を提示してあげることだと考えています。また、中には決まられない患者さんもいらっしゃいます。そうした方には、まず時間を与えて考えていただきますが、もしも必要があると感じれば背中を押してあげることもあります。患者さんと一緒に、個々に最適な治療を考えて参ります。

【朱 先生】
心身一如という言葉がありますが、心と体は密接な関係があります。男性ももちろんですが、特に女性は精神的なものや気持ちの問題を大切にしなければいけない部分があります。体の問題の原因になっていることはもちろんありますが、時には周りが悩みを聞いてあげたりすることで更年期の症状が緩和されることもあるんです。ですから、私は診療の際には体の症状だけでなく、心も含めた全般的なものを含めて全体をサポートしたいと考えています。
また、当クリニックでは難治性不妊症に悩む患者さんに対して、身体的な治療だけでなくカウンセリングも積極的に行っています。こうした石塚院長の姿勢を見習い、私も患者さんの気持ちに寄りそった診療をしていきたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

【古谷 副院長】
婦人科に関して当院が得意としているのは女性ホルモンに関係する症状です。現れる症状は月経の異常であったり、体調不良であったり、精神的な不調とさまざまですが、女性はホルモンの異常により少なからず影響を受けます。何か気にかかる症状があればまずご相談ください。
不妊治療というと、とても大変なこと…と考えるかもしれませんが当院は敷居が高くありません。不安を感じるかも知れませんが、まずは一歩踏み出して、ご相談からでもいいので初めていただきたいですね。不妊治療で選べる選択肢は本当に人によりさまざまです。ですから、お一人で悩まずに、まずは治療自体をすべきかどうか…というところからご相談して欲しいと思います。治療に際して不安を感じる場合には本院と連携したカウンセラーに相談することもできます。


【朱 先生】
不妊以外にも女性は特有の悩みをお持ちです。生理痛や生理の際に気持ちが沈むことや更年期の悩み、ご高齢の方の中には排尿の悩みや子宮下垂の悩みなどを抱えている方もいらっしゃいます。当クリニックでは不妊から婦人科まで、女性特有の悩みをお持ちの方を幅広くサポートして行きたいと考えていますので、なにかお困りのことがあれば一人で悩まずに、まずはご相談においでください。

※上記記事は2018年4月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

古谷 正敬 副院長 & 朱 丞華 先生 MEMO

  • 出身地:[古谷先生]千葉県[朱先生]中国(上海)
  • 趣味:[古谷先生]旅行、ジョギング[朱先生]登山
  • 好きな本・作家:[朱先生]村上 春樹、渡辺 淳一
  • 好きな映画:[古谷先生]少し昔の洋画(ライフ・イズ・ビューティフルなど)[朱先生]ロング・バケーション(ドラマ)
  • 座右の銘・好きな言葉:[古谷先生]和敬清寂[朱先生]No pain no gain
  • 好きな音楽・好きなアーティスト:[古谷先生]海外POPS(ブルーノ・マーズなど)[朱先生]JUJU、西野カナ
  • 好きな場所:[古谷先生]市場、昔の商店街[朱先生]野球のグラウンド、登山

グラフで見る『古谷 正敬 副院長 & 朱 丞華 先生』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION