東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

清澤眼科医院

江東区/新砂/南砂町駅

  • 眼科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
患者の
お知らせ WEB
予約
オンライン
診療
電話 03-5677-3930
所在地 東京都江東区新砂3-3-53 アルカナール南砂2階
最寄駅 南砂町駅
駐車場 近隣にコインパーキングあり
WEB https://www.kiyosawa.or.jp/
休診日 水曜午後・土曜午後・日曜・祝日
診療時間 9:00~12:30 15:30~19:00
[水曜・土曜]9:00~12:30
特徴
  • ●クレジットカード対応
  • ●男性医師
清澤 源弘 院長

MOTOHIRO KIYOSAWA

清澤 源弘 院長

『すべては患者さんのために』を理念に掲げ、患者様がもっとも安心できる医療の提供を目指す。

患者様が、もっとも安心できる医療をお受け戴く為には、繊細なセンスで小回りの利く町のクリニックと豊富な大型機材と人材を持つ大病院が連携することが重要であると考えております。
そこで、当院の院長は隣接した順天堂大学医学部附属江東高齢者医療センター、御茶ノ水の東京医科歯科大学附属病院及び西葛西井上眼科病院にそれぞれ非常勤として所属しております。

◆『Q&A』質問が出来ます!詳しくはコチラ。
◆ブログも開設しています!詳しくはコチラ。

清澤 源弘 院長への独自インタビュー

神経眼科の草分け的な存在だった叔父の影響は強かった。

伯父が眼科医で、脳腫瘍などなど、脳に原因のある目の異常の研究をしていて、神経眼科の草分け的な存在だったんです。その伯父が、神経眼科の奥深さを繰り返し私に語ってくれ、話を聞くうちに次第に神経眼科に興味を持つようになりました。それがこの道を志すようになったきっかけですね。

東北大学医学部に進学し、同大学付属病院の眼科に入局、その後北里大学病院、政府留学生としてフランス、アメリカで学び、帰国後は東北大学講師、東京医科歯科大学眼科助教授を務めました。そのまま教授として研究を続ける進む道もありましたが、一人でも多くの患者さんが来院されるための努力を続けることで世間に認められ、社会貢献もできる開業という道を選択し、当医院を開業することになりました。

専門性の高い神経眼科診療をご提供。

診療科目は眼科、小児眼科、神経眼科になります。コンタクトレンズも取り扱っています。
小児の眼疾患、花粉症などのアレルギー疾患、白内障、緑内障等を27年(2010年現在)の臨床経験に基づき、地域に根ざし、南砂町駅前にて午前9時から午後7時まで診察しています。
コンタクトレンズは使い捨てタイプのものをご納得頂ける価格で即日承っています。

神経眼科とは、視野障害、眼球運動障害、頭痛などの脳神経に起因する様々な眼症状を診断するものです。
現在でも、東京医科歯科大学眼科の神経眼科外来主任を兼務していますので、関連施設のCT、MRI、PETなどの最先端の画像技術も駆使して診断治療に当たっています。
「まぶしくて目が開けにくい」「目がしょぼしょぼする」といった症状が続く『眼瞼けいれん』という疾患があるのですが、その治療法として有効性が報告されているボトックス治療も行っています。

続きを読む→

江東区新砂3-3-53 アルカナール南砂2階

南砂町駅

『南砂町駅』3番口出口からの徒歩ルート

所要時間(当社調べ):27秒

グラフで見る『清澤 源弘 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より