東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 医師―

立松 覚 院長/春日駅前内科クリニック(後楽園駅・内科)の院長紹介ページ

立松 覚 院長

SATORU TATEMATSU

多角的な視点で患者さんの健康を支える
腎臓疾患の専門医

慶應義塾大学医学部卒業後、同大学病院や関連病院で診療を行う。海外の大学での研究などを経て、2014年に春日駅から徒歩1分ほどのところに、腎臓内科、糖尿病内科を専門としたクリニックを立ち上げる。

立松 覚 院長

立松 覚 院長

春日駅前内科クリニック

文京区/小石川/後楽園駅

  • ●内科
  • ●代謝内科
  • ●糖尿病内科
  • ●腎臓内科

働く両親の背中を見て、医師の道へ

立松 覚 院長

両親が医師で、開業医として働く姿を見て育ちました。間近で仕事を見ていたので大変さは感じていましたが、自分も人の役に立つ仕事に就きたいと医師の道へ。専門は内科で、特に腎臓疾患や糖尿病などの生活習慣病を中心に治療を行っています。内科を専門に選んだのは、人間の体をより幅広く診療できる領域だからです。一部の臓器を切り取って部分的に診るのではなく、全身に渡って治療を施せることに魅力を感じました。だからこそ、内科医は大変な部分も多いです。常に多角的な視点で患者さんの全身を診る必要性がありますので、責任はかなり大きいと言えます。
大学卒業後は大学病院や関連病院での診療、海外の大学での研究を通して、内科医としてキャリアを積みました。そして、2014年に腎臓内科、糖尿病内科、一般内科を柱としたクリニックを立ち上げました。

街のホームドクターとして、多様な患者さんの健康を支えるクリニック

立松 覚 院長

クリニック周辺のエリアはオフィスと住宅が混在しており、患者さんも会社員の方だったり、主婦の方、学生など、さまざまな方がお見えになります。当院は診療の対象を12歳以上としておりますが、ご希望があれば、お子様でも風邪などの一般的な内科の症状は診療しています。ただ、お子様の場合は発達に伴う症状や疾患がありますので、基本的には小児専門の医療機関へ行っていただくようにお願いしています。患者さんの症状としては、風邪などの感染症で内科を受診されたり、生活習慣病の方が多いです。あとは腎臓内科を掲げていますので、健康診断などで尿に異常が見られたりという方が来られます。予防医学である禁煙外来にも力を入れており、禁煙に関するご相談も随時受け付けています。
街のホームドクターという面で、地域に貢献しながら診療を続けています。

当院の強みは、腎臓疾患と糖尿病を同時に診療できること

立松 覚 院長

腎臓内科では腎臓機能が低下してしまった方や会社などの健康診断で尿の異常を指摘された方の治療を、糖尿病内科では生活習慣病である糖尿病の治療を行っています。どちらも私が診療を担当しますので、合併症で両方の症状が見られる場合でも的確な診療ができ、これが当院の大きな強みでもあります。大学病院などの大きな病院になると腎臓病と糖尿病で別々に診療するケースが多く、それが弊害になることも。特に薬を服用してもらう場合に、どちらの病気でどんな薬を出すのかをそれぞれの医師が把握しづらいといったことがあり、スムーズな治療が難しい面もあります。当院であれば、それぞれの症状をきちんと把握し、双方向の視点から治療をすることが可能なんです。
診療では問診、検査、そして治療というのが基本的な流れです。検査は疾患によっても異なりますが、大きくは血液検査、尿検査、エコーなどで調べます。治療は薬物療法と合わせて、食事や運動などのアドバイスが欠かせません。具体的な指導を心がけていますが、口で言うのは簡単でも実践してもらうのはやはり難しいですね。そのため、少しでも健康管理に役立つことをお伝えするようにしています。当院は文京区役所がある文京シビックセンターのすぐそばなのですが、その中にジムが入っているんです。生活習慣病などの治療の一環として運動を始める方を対象としたコースがあり、体力測定や運動指導が受けられるようです。そういったところをご案内して、少しでも患者さんが実践できるように手助けすることも医師の大切な仕事です。

時間をかけて、患者さんの声にしっかり耳を傾ける

患者さんの相談には時間をかけて丁寧に対応します。開院した当初ですが、他の患者さんがいなかったこともあり、2時間近くも話し込んだことがありましたね。特に生活習慣病は完治するわけではなく、患者さんは病気と長く付き合っていかなくてはなりません。上手に病気と向き合っていけるよう、患者さんの声にもしっかりと耳を傾けながら診療に当たっています。

これから受診される患者さんへ

検尿で異常が見られた方や糖尿病の方はお気軽にご相談ください。また、生活習慣病は自覚症状が少なく、発見が遅れる場合が多い病気です。会社員の方は勤め先で健康診断が義務付けられていますが、会社などに属されていない高齢の方や自営業の方は、自治体の負担で受けられる健診がありますので、そういった機会を逃さずに受診することが大事です。当院でも健診や予防接種を行っておりますので、ご希望の場合は『春日駅前内科クリニック』までお問い合わせください。
また、当院のホームページでは病気や治療法、薬などについて書いたコラムを掲載しています。それを見て実際に来てくださる患者さんもいますので、機会があればご覧になってください。

※上記記事は2017年7月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

立松 覚 院長 MEMO

総合内科専門医 /腎臓専門医 /透析専門医

  • 出身地:愛知県
  • 趣味:テニス観戦
  • 好きな本:司馬遼太郎などの歴史ものが好きです。松本清張の作品も好きです。
  • 座右の銘:人間万事塞翁が馬
  • 好きなアーティスト:Bobby Caldwell
  • 好きな場所・観光地:箱根

グラフで見る『立松 覚 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION