東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医師―

林 俊行 院長/林診療所(桜上水駅・内科)の院長紹介ページ

林 俊行 院長

TOSHIYUKI HAYASHI

「脳の安心」をキーワードに
地域住民の健康を見守る

慶應義塾大学医学部を卒業後、同大学の脳神経外科学教室に入局。大学病院や地域の基幹病院を経て、「桜上水駅」そばに開業。

林 俊行 院長

林 俊行 院長

林診療所

世田谷区/桜上水/桜上水駅

  • ●内科
  • ●脳神経外科

「目の前にいる人を助けたい」という想いから、医療の道へ

林 俊行 院長

私が医師になったことについて、コレといったきっかけがあった訳ではありません。ただ、医師になれば、目の前で苦しむ人を救ってさし上げることができる。そう考えて、中学生の頃からだんだんと、医師になることを意識していったという感じです。
慶應義塾大学医学部に学び、卒業後は脳神経外科学教室に入局して研鑽を積みました。さまざまな診療科の中で「脳神経外科」を選んだのは、脳卒中のほかに脳腫瘍、事故によるケガや神経変性疾患に至るまで、幅広い診療をおこなえる点に魅力を感じたため。『林診療所』を開設するまで、10年以上にわたって大学病院や基幹病院で診療を続けてきました。私は脳神経外科の専門医ではありますが、高い専門性をベースにしながらも患者さんの体をトータルに診る、包括的な医療をご提供していきたいと思います。

「脳の安心」をキーワードに、幅広い症状に対応

林 俊行 院長

私が専門とする脳神経外科では、日常的な頭痛から脳腫瘍、脳卒中などの血管障害まで幅広く診療します。また、認知症やパーキンソン病といった神経変性疾患の診察も私たち脳神経外科の守備範囲です。ホームページにもある通り、ここは脳の安心のための専門クリニック。「脳の安心」をキーワードに、さまざまな症状に対応しています。
睡眠時無呼吸症候群へのアプローチもその1つ。ご本人にはこれといった自覚症状がないケースも多いのですが、症状を放置しておくことで、脳卒中や心筋梗塞の発症リスクが大幅に高まることが分かっています。将来的な病気を予防して「安心」を手に入れていただくためにも、メタボ体型の方には減量の指導をしたり、CPAPやマウスピースをはじめとした適切な治療をご提案したり。脳のプロフェッショナルとして、将来を見据えたアドバイスができるかと思います。
そういえば以前、脳卒中で倒れた患者さんが「なかなか記憶力が戻らない」と悩まれていたことがありました。私はこれまでの経験から「まだ若いから大丈夫、5年頑張ってください」とお話したのですが、それでも記憶力はなかなか回復せず、肩身の狭い思いをしていました。ところが5年目に入り最近になって記憶力が徐々に回復して、患者さんも少しずつ仕事ができるようになって。「しつこく言い続けてくれたから、頑張れた、頑張ってよかった」と言っていただいて、ホッとしましたね(笑)。

主訴だけに目を向けるのではなく、総合的な診療を

林 俊行 院長

患者さんの訴えが多くみられる「頭痛」については、その時々の症状を正しく見極めて。頭部へのアプローチだけでなく、内臓や自律神経の状態などもチェックするなど、総合的な診療を心がけます。
たとえば、認知症が疑われる患者さんも、症状の裏側には「うつ」が隠されていたり、実は水頭症だったり、てんかん発作だったり、ビタミンの欠乏によるものだった、というケースもあるのです。そのようなケースでは治癒が難しいと言われる認知症にも、「治せる認知症」があるのです。ですから、検査結果を正しく読み取ることはもちろん、患者さんの全身状態にも照らしあわせて、小さなサインを「見落とさない・見逃さない」ということが、とても大切になりますね。患者さん訴えにも丁寧に耳を傾けて、的確な治療につなげていきたいと思います。

地域のホームドクターとして、1人1人にベストな医療を

開業以来、内科・脳神経外科の診療を中心に、地域の皆様が安心して生活を送れるようにとお手伝いしてきました。もちろん、私はすべての分野のスペシャリストというわけではありませんので、症状に応じで専門医の先生をご紹介したり、必要な検査がおこなえる医療機関をご紹介することもあるでしょう。
また、ひざの痛みを訴える患者さんに心臓の病気が見つかれば、緊急性の高い病気から治療をするようにと、アドバイスをさし上げるかもしれません。日頃から患者さんをずっと診ている、私たちだからこそできる医療があるものです。患者さんと各医療機関をつなぐハブ(中継点)的な役割を担うことも、私たちホームドクターの大切な仕事だと思っています。

これから受診される患者さんへ

『林診療所』は、京王線「桜上水駅」南口から徒歩1分の場所にあります。アクセスの良さに加え患者さんの利便性を考え、当院では予約制を導入しています。できるだけスムーズな診療を心がけるほか、投薬を伴う治療で副作用を出さないように細心の注意を払って診療をおこなっています。ですから、たとえば「単なる頭痛だ」と自己判断して薬を飲むのではなく、ぜひ専門医を受診していただきたいですね。脳の病気に限らず、体調面に不安を感じることがありましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

※上記記事は2017年3月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

林 俊行 院長 MEMO

脳神経外科専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味:読書
  • 好きな本:古今和歌集
  • 好きな言葉・座右の銘:プラトン:親切にしなさい。あなたが会う人はみんな、厳しい闘いをしているのだから。
  • 好きな作曲家:バッハ
  • 好きな場所:診察室

グラフで見る『林 俊行 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION