東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医院・病院 ―

世田谷子どもクリニック(上町駅・小児科)の病院情報ページ

世田谷子どもクリニック

世田谷区/世田谷/上町駅

  • 小児科
  • アレルギー科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
街の人の
患者の
お知らせ WEB
予約
電話 03-5799-1582
所在地 東京都世田谷区世田谷3-6-14-101
最寄駅 上町駅
駐車場
WEB
休診日 日曜・祝日
診療時間 9:00~12:30 13:30~18:00
特徴
  • ●男性医師
副田 敦裕 院長

ATSUHIRO SOEDA

副田 敦裕 院長

小児科専門医

「安心して出来る育児」をサポートしていきたい。

副田 敦裕 院長への独自インタビュー

未来ある子どもたちのサポートをしていきたい。

医学部を卒業した後に、循環器内科で研修をしていたんです。そのなかで、たまに子どもたちを診ることがありました。子どもたちには未来があります。この未来ある子どもたちのサポートをしていきたいという思いが湧き出てきましてね。一度長崎に帰ったのですが、すぐに東京に戻ってきまして、国立大蔵病院(現:国立成育医療センター)の小児科に勤務。その後、都立荒川産院で新生児医療を、都立北療育園で障害児医療を学び、東京慈恵会医科大学で助手、講師として大学病院で勤務医を務めました。同大学には、小児科における神経系の発達についての研究で高名な前川喜平教授もいらっしゃって、さまざまなことを学ぶことができました。
NICU(新生児集中治療室)で長く働いていましたが、働いていたときは、1000g未満で生まれた小さな赤ちゃん達のケアにも携わっていました。国立大蔵病院、都立母子保健院、都立広尾病院、保健医療公社多摩南部地域病院などでの未熟児新生児科・小児科勤務を経た後、平成26年から『世田谷子どもクリニック』に勤務し、7月にクリニックを継承し院長として診療を行っています。

「夜尿症」「アレルギー」「けいれん(ひきつけ)」を3つの柱として。

主な診療内容として3つの柱があります。「夜尿症」「アレルギー」「けいれん(ひきつけ)」です。
「夜尿症」は、小学校へあがってからも「おねしょ」が見られる場合に、「夜尿症」としてしっかり治療する必要があります。小学校では泊りがけの行事も増えます。そのとき慌てないように、早期から治療に取りくんでおきましょう。
「アレルギー」については、喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、花粉症、食物アレルギーなどの治療を行っています。花粉症は、スギ花粉舌下免疫療法を取り入れて、根本的に治していきます。また、食物アレルギーについては、血液検査等に加えて食物経口負荷試験をして判断します。保育園などに預ける前に検査にいらっしゃることもあります。きちんと把握しておけば、給食に対応することもできますよ。
「けいれん(ひきつけ)」の診断には、脳波検査や血液検査なども行っています。熱が高いときや、ごくまれに起こるけいれんはさほど心配ないのですが、熱がないのにけいれんが起きる、年に何度も熱性けいれんが起きるなどの症状があれば、受診していただくことをおすすめします。

続きを読む→

医院情報は東京ドクターズ(株式会社アートブルー)が独自に収集したものです。診療科目や診療時間などにつきましては変更されている場合もございます。ご来院の際は念のため、各医院様へご確認ください。
また、掲載情報の内容に誤りがある場合、もしくは情報の修正・新規登録をおこなう場合は『お問い合わせフォーム・その他のお問合わせ』よりお願いいたします。

世田谷区世田谷3-6-14-101

上町駅

グラフで見る『副田 敦裕 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より