東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医師―

鈴木 淳也 院長/関原クリニック(梅島駅・脳神経内科)の院長紹介ページ

鈴木 淳也 院長

ATSUYA SUZUKI

医師を中心にした「チーム医療」を通して
認知症患者さんとご家族をしっかりサポート

千葉大学医学部を卒業後、麻酔科医として研鑽を積み、米・ユタ大学への留学を経験。帰国後は、神経内科を専門に経験を重ね、『関原クリニック』院長に就任。医学博士/総合内科専門医/神経内科専門医/認知症サポート医

鈴木 淳也 院長

鈴木 淳也 院長

関原クリニック

足立区/関原/梅島駅

  • ●脳神経内科
  • ●精神科
  • ●内科
  • ●訪問診療

父の事故が、医師をめざすきっかけに

鈴木 淳也 院長

私は、理系の中でも天体物理学に興味を持っていて、将来はそちらの方向に進みたいと考えていました。そんな私の転機になったのは高校生のとき、父が交通事故で救急搬送されたことでした。このときに初めて「医療」というものを目の当たりにして、「自分も」という気持ちが大きくなったのです。
救急医療に携わりたいという想いで医師になりましたので、大学卒業後は麻酔科の医師として経験を重ねていきました。その後、留学先のアメリカから帰国したのを機に、以前から興味のあった神経内科の方に移ることにしたのです。当時はちょうど、母校の大学病院に「もの忘れ外来」が開設された時期でした。ドクター1人で患者さんの診療にあたるのではなく、看護師や相談員などさまざまな立場にあるスタッフが、チーム一丸となって患者さんやご家族を支えていく。「チーム医療」の可能性ややりがいを感じながら診療を続けるうち、現在に至るという感じがします。

「もの忘れ外来」を中心に、認知症患者さんとご家族をサポート

鈴木 淳也 院長

『関原クリニック』で診療するようになったのは、今から十数年前になるでしょうか。こちらのクリニックで「もの忘れ外来」がスタートすることになり、お声かけをいただいたのです。クリニックの母体となる医療法人社団 福寿会は、当院のほか複数のクリニックや介護施設を運営するなど地域医療の一端を担い、グループ全体で病気の治療から看取りまで、地域に暮らすみなさまを支えています。
そんなグループの中で『関原クリニック』が担うのは、「もの忘れ外来」を中心とした認知症患者さんのサポートです。神経内科・精神科・内科の外来診療をおこなうほか、重度認知症患者さんに向けたデイケア、通所リハビリ、認知症対応型のデイサービスを併設。私がこれまでに培った経験や知識をもって、認知症患者さんやそのご家族に適切な支援がなされるよう、お手伝いさせていただきます。

認知症患者さんを支える「チーム医療」とは

鈴木 淳也 院長

認知症も他の病気と同じように、早期発見・早期介入がとても大切です。とは言え、患者さんの中には認知症の度合いが正しく評価されていなかったり、お薬を処方されているだけ、という方もいらっしゃるんですね。もちろん、医師1人にできることには限りがあります。しかし、それぞれに専門性を備えたスタッフがチームとして支えることによって、患者さんの「今の生活」を維持するお手伝いができるはずです。
当院には、神経内科を専門にする私のほかに精神科医、看護師、精神保健福祉士(PSW)、介護士など複数のスタッフが在籍しています。よくある縦割りの組織ではなく、部門をまたいで連携することによって、それぞれのケースで最適なサポートをご提案できるでしょう。認知症が「良くなる」というのはなかなか難しいですが、患者さんを取り巻く環境を整えることで、少しでも長く「その方らしく」生活していただきたいと思います。

認知症患者さんとご家族に寄り添っていく

診療の中心が「もの忘れ外来」になりますので、来院される患者さんもご高齢の方の割合がとても大きいですね。ほとんどの患者さんが、私にとって人生の先輩にあたる方ですから、診療の際には患者さんお1人お1人の「尊厳」を大事にすることを心がけています。
年齢を重ねて、たとえ認知機能が衰えたとしても、みなさん認知症患者である前に、父親であり、母親なんですね。ですから、ご家族同士のお話の輪にも加わって、物事が良い方向に進むようにアドバイスをさし上げたいと思います。認知症患者さんが利用できる制度のこと、介護保険と医療保険の違いについてなど、みなさんがご存知ないことも多いと思いますので、わからないことは何でもご相談いただきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『関原クリニック』は「西新井駅」「梅島駅」からそれぞれ歩いて徒歩10分ほどの住宅地にあります。
院長として診療をはじめて十数年、「もの忘れ外来」を担当する中で培った経験や知識を、これからの診療に役立てていきたいと思います。ご自分が認知症かどうか不安に感じている方、ご家族の認知症を心配なさっている方、もしもお困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。患者さんやご家族から十分なヒアリングをおこない、適切な支援につなげるため、当院の診療は予約制となっておりますので、あらかじめお電話をいただければと思います。

※上記記事は2019年3月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

鈴木 淳也 院長 MEMO

総合内科専門医 /神経内科専門医

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:読書
  • 好きな本・愛読書:論語
  • 好きな映画:レナードの朝
  • 好きな言葉・座右の銘:認知症になっても、適切な支援があれば人生を楽しむことができる
  • 好きな音楽・アーティスト:クラシック
  • 好きな場所・観光地:アメリカの国立公園

グラフで見る『鈴木 淳也 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION