東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 医院・病院 ―

みえこ女性クリニック(板橋区役所前駅・産科)の病院情報ページ

みえこ女性クリニック

板橋区/仲宿/板橋区役所前駅

  • 産科
  • 婦人科
  • 内科
  • 内科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
患者の
お知らせ WEB
予約
オンライン
診療
電話 03-5943-1123
所在地 東京都板橋区仲宿64-6 コスモ和光ビル2F
最寄駅 板橋区役所前駅
駐車場 近隣にコインパーキングあり
WEB
休診日 日曜・祝日
診療時間 [月曜・木曜・金曜]12:15~19:00
[火曜]14:00~20:00
[水曜]16:00~20:00
[土曜]12:15~17:00
特徴
  • ●女性医師
佐藤 美枝子 院長

MIEKO SATO

佐藤 美枝子 院長

女性のライフステージごとの変化に寄り添う「女性のためのパートナークリニック」

医院情報は東京ドクターズ(株式会社アートブルー)が独自に収集したものです。診療科目や診療時間などにつきましては変更されている場合もございます。ご来院の際は念のため、各医院様へご確認ください。
また、掲載情報の内容に誤りがある場合、もしくは情報の修正・新規登録をおこなう場合は『お問い合わせフォーム・その他のお問合わせ』よりお願いいたします。

佐藤 美枝子 院長への独自インタビュー

医師としての原点は、患者さんから慕われていた両親の姿。

祖父母は産婦人科、父は整形外科、母は内科と、身内が医師ばかりだったので、自然と自分も医者になるものだと思っていました。ところが、姉弟たちも全員医学部に進む中、私は明治薬科大学の薬学部に進んだんです。薬剤師の国家試験に合格したのですが、卒業後は薬剤師ではなく薬学系の新聞社で記者をやっていました。記事を書いて写真も撮る、そういった仕事をしていて8か月が過ぎたころでしょうか。「やっぱり私の仕事はこれじゃない。医学の道に進もう」と奮い立ち、12月から実家に帰って猛勉強です。寝食を忘れて机に向かいました。その結果、3か月後の2月に東京女子医科大学に合格したんです。医学部を志した原点には、医師として働く両親の姿があります。父は穏やかで優しい人柄。母は4人の子育てをしながら医師の仕事をしており、2人とも患者さんからもとても慕われていました。

長女の出産を契機に、産婦人科へ入局。

産婦人科を選んだきっかけは、自分自身の出産で感動を味わったことが大きいですね。東京女子医科大学の4年生の時に長女を出産しました。赤ちゃんを目の前にしてしみじみ思いましたね。「赤ちゃんってかわいいなあ」って。姉たちが小児科医でしたので、私は産婦人科医になろうと、産婦人科に入局しました。研修医のころに長男を出産し、当直もあるなか、なんとか2人の子どもを育てました。その後「東峯婦人クリニック」で約10年間勤務しました。
開院にあたってこの場所を選んだのは、不思議なエピソードがあるんですよ。気学で「北がいい」って言われたので、地図を広げて自宅から北のエリアで物件を探していました。実はここの前に、板橋本町にいい物件があったんです。そこにしようかなと思っていた矢先、業者さんが歩いて今の場所を見つけたんです。「駅のそば、市役所、警察署も近い、裏階段もある。どうですか?」って。そこで方角を調べたら、なんと自宅の真北だったんです。「ここだ!」と即決しました。

続きを読む→

板橋区仲宿64-6 コスモ和光ビル2F

板橋区役所前駅

グラフで見る『佐藤 美枝子 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より