東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

日下医院

墨田区/押上/押上駅

  • 内科
  • 胃腸内科
  • 呼吸器内科
  • 循環器内科
  • 小児科
医院情報 院長紹介 求人 MAP 徒歩
ルート
医師の
患者の
お知らせ WEB
予約
オンライン
診療
電話 03-3622-8012
所在地 東京都墨田区押上2-10-6
最寄駅 押上駅
駐車場 近隣にコインパーキングあり
WEB https://www.kusakaiin.net/
休診日 水曜・日曜・祝日
診療時間 9:30~12:30 15:00~18:00
特徴
  • ●男性医師
日下 邦明 院長

KUNIAKI KUSAKA

日下 邦明 院長

呼吸器専門医 /放射線科専門医 /呼吸器外科専門医

墨田区で数少ない『呼吸器専門医』です。呼吸器疾患の改善にも力を注ぎます。

風邪を引くと、まず鼻水が出てきて、その鼻水が喉に及ぶと今度は喉が痛くなり、発熱、さらに症状が進むと気管に炎症を起こし、痰が出てきます。これを呼吸器科ではマーチ行進と呼んでいます。つまり放っておけばどんどんと症状が先に進んでしまうということです。特に痰に色が付き始めますと、それは重症化のサインとなります。風邪だからと油断せず、なるべく早めに治療をしていただいたほうがベストですね。お気軽に、そしてお早めに受診していただければと思います。
★ご来院の際は押上駅『A3出口』をご利用ください。

■呼吸器科学会専門医 ■日本内科学会認定医
■日本臨床内科学会専門医 ■認定産業医

日下 邦明 院長への独自インタビュー

医師としての使命感に目覚め

『日下医院』は昭和21年、戦争が終わり日本に帰ってきた私の父が兄弟3人と共に診療を開始したのが始まりになります。当時は内科・小児科・産婦人科・外科・整形外科を扱う日下“病院”を標榜していました。
私が医師を志すようになったのは、その頃の父の日常を見てのことだと思います。当直をしたり、夜中でも往診に出掛けたり、責任感を持って仕事に取り組んでいる父の姿を見て、「僕が継がなきゃいけないんだ」という意識を自然と植え付けられたという感じでしょうか(笑)。
その頃のことで今でも思い出すのが、私が中学校2年生の頃のある出来事です。その日、日下病院の目の前で交通事故が起き、病院に怪我人が担ぎ込まれるということがありました。私はたまたまその時居合わせたのですが、不覚にも運ばれてきた人の大量の血を見て、身体中の力が抜けてしまったんです。「医者には向かないかも・・・」と落ち込み、父からの叱責を受ける覚悟もしていたのですが、私から話を聞いた父は、「誰にでもそういう経験はある。だから、そんなことで諦めるな。」と思いもかけない言葉をかけてくれました。普段は厳しかった父だからこそ、その時の言葉を印象深く憶えています。

私が大学5年生の時に父は肺がんにかかり、その翌年に亡くなりました。父の死後は一旦、産婦人科医だった叔父がその跡を引き継いでくださり、大学卒業後に私がその任を受け継ぐこととなりました。父や叔父達が残してくれたものを引き継ぎ、私が出来る精一杯の診療を続けていきたいと思っています。

父と祖父の2人をともに肺がんで亡くし

東武スカイツリーライン押上駅の『日下医院』は内科・小児科・呼吸器科を標榜しています。大学を卒業して呼吸器科を選択したのは、私が父と祖父の2人をともに肺がんで亡くしたということを受けてのことです。
呼吸器科を訪れる方は、喘息の方、それから慢性閉塞生肺疾患や肺気腫など、実に様々です。最近では大学病院に通われていた方が、紹介を受けて、在宅酸素療法を当院でおこなうというケースも多くあります。

続きを読む→

墨田区押上2-10-6

押上駅/徒歩約5分

京成押上線・東武スカイツリーライン・都営浅草線・東京メトロ半蔵門線『押上駅』A3出口からの徒歩ルート

距離(当社調べ):約140m

所要時間(当社調べ):1分28秒

グラフで見る『日下 邦明 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より