東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

― 獣医師―

中村 篤史 院長/TRVA夜間救急動物医療センター(二子玉川駅・犬)の院長紹介ページ

中村 篤史 院長

ATSUSHI NAKAMURA

飼い主とかかりつけの獣医師との信頼関係を築き、犬猫の救急医療の発展に貢献したい

北里大学獣医科卒業後、東京大学附属動物医療センターや酪農学園大学での研修医を経て、2年間高橋犬猫病院で勤務医として経験を積む。2011年、桜新町駅近くにTRVA夜間救急動物医療センターの開院に伴い、院長に就任。

中村 篤史 院長

中村 篤史 院長

TRVA夜間救急動物医療センター

世田谷区/深沢/二子玉川駅

  • ●犬
  • ●猫

救急医療を志し、夜間救急動物医療センターの院長に

中村 篤史 院長

父が広島で獣医師として開業しており、小さい頃から動物はとても身近な存在でした。休みもなく、家族と出掛ける機会もなく、常に多忙な父の背中を見ており、子供ながらに大変な仕事だと理解しつつ、獣医師にだけはなりたくないと思っていました。スポーツの道に進みたいと思った時期もありましたが、ケガで挫折を味わい、浪人時代を乗り越え北里大学獣医科に入学。大学で獣医師を目指す仲間と出会ったことで良い刺激を受け、やりがいや面白みを感じ、自分も獣医師として歩むことを決意しました。
大学時代お世話になった研修室の恩師から、臨床だけでなく人としてあるべき姿についても学び、その先生の勧めで東京大学附属動物医療センターの研修医として2年間経験を積みました。レベルの高い環境で優秀な先生に囲まれて勉強を重ね、その後恩師と共に北海道の酪農学園大学で更に1年間、多くの臨床に携わりました。それまで犬猫の内科を専門として臨床を中心におこなってきましたが、外科の知識や経験を得る為、埼玉の高橋犬猫病院で2年間勤務医としてお世話になりました。勤務医として働く中で、獣医界の救急医療の必要性を感じていたところ、TRVA(一般社団法人東京城南地域獣医療推進協会)の存在を知り、会社理念に賛同し、救急医療に身を置くことを決めました。2011年、桜新町駅近くにTRVA夜間救急動物医療センターが開院し、院長に就任しました。

犬猫の急を要する突発的な症状に対応

中村 篤史 院長

当センターは、犬猫を専門に、夜間の突発的な症状に対して救急医療をおこなう動物医療サポート施設です。昼間の一般外来はおこなっておらず、診療時間は夜8時~翌朝6時で、現在は4~5名の獣医師と3~4名の看護師でローテーションを組んで対応しています。
当センターをご利用の方は、世田谷や杉並地区にお住いの方が多く、どなたも動物を大切にされる飼い主さんばかりです。多い症状としては、犬の場合、ご飯を食べない、嘔吐、下痢、中毒などの消化器症状や誤飲が多く、高齢犬の場合は心臓病で肺に水が溜まるなどの症状がでる呼吸器循環器疾患、骨折や椎間板疾患や神経系の症状が多くみられます。猫も犬と同様に消化器の症状や、おしっこが出にくくなるなどの腎泌尿器の症状が比較的多く、心臓病による呼吸器の疾患も多くみられます。いずれにせよ、急を要する重症度の高い症状がほとんどで、一晩で平均12~13頭の診療をおこない、病状によっては集中治療ICUで入院を余儀なくされるケースもあります。
どんな犬猫でも大変な状況で来院されますので、言葉が交わせない分、自分たちから情報を取りにいく姿勢、バイタルサインを逃さない姿勢で向き合っています。当たり前のことですが、犬猫に対して優しい心持ちで、思いやりのある対応をすることを心がけています。

救急医療をおこなう上で欠かせない信頼関係

中村 篤史 院長

こちらで診察した犬猫については、必ずかかりつけの獣医師へ詳細をお伝えするシステムをとっております。基本的にはFAXなどの紙ベースで、来院時の状況、検査所見、治療内容だけでなく、エビデンスに沿って「どう判断をして、どこまで治療をして、今後起こりうる症状」など、治療考察についてもかなり詳細に診療情報報告書として引継ぎをおこない、不足部分に関してはお電話でコミュニケーションをとっています。対飼い主さん、対かかりつけの獣医師との良好的な関係性を築くことが、夜間救急において最も大切なことで、信頼して任せてもらう為の努力を怠らないよう、スタッフ共々常日頃気を付けています。
私たちがここでできることはあくまでも緊急時の医療のサポートであり、かかりつけの安心できる先生のもとへ、なるべく早い段階でお渡しできるようにすることが自分たちの役目だと思っています。診療が終わって、飼い主さんに「ここに来て良かった」と思って頂けるかどうかに全てが集約されますので、飼い主さんとコミュニケーションをとりながら、レベルの高い医療でベストを尽くし、トータル的に満足してもらえることを目指して日々向き合っています。夜の遅い時間に不安を抱えて来る飼い主さんの立場になって、獣医師として以上に、人として寄り添うことを大事にしています。

救急医療の未来に向けての思い

動物の救急医療の周知と救急を目指す獣医師を指導する為、休みの日は日本中を周って講演をしています。救急医療学会の立ち上げ準備も進めており、これらの活動を通じて、飼い主さんや獣医師の方々に私たちが目指す救急医療の在り方をお伝えし、信頼される仕事として、スタッフと共に救急に携わり、信頼に応えられる医療を提供したいと思います。動物専門の救急医療を学ぶことができる海外の大学のように、日本の大学でも救急を学ぶプラットホームを設けることが、自分の使命だと思います。勉強ができる場があれば、救急を志す若い獣医師が増え、都心だけでなく、地方においても救急医療が広がります。臨床のレベルを上げるだけでなく、人としてどうあるべきかを重視し、救急に携わる獣医師のモチベーションを維持していくことも大事で、長く高い志で続けていけるような環境作りにも注力したいと思っています。私たちが目指す救急医療は、一次診療とは異なる分野のプロフェッショナルな存在として、今後もみなさまのお役に立ち続ける存在でありたいです。

これから受診される飼い主さんへ

夜間に飼っている犬や猫の様子がおかしいなと感じたら、個人で判断せずに当センターに連絡をして頂きたいと思います。まずは呼吸を見て、いつもより息が荒い、苦しそうしている、動かないなどの症状がある場合、短時間でも命に関わる場合があります。いつもと比べて元気があるかないかというのも大事な点です。また、慢性的な疾患を患っていると、夜間に症状が悪化する場合もありますので、注意が必要です。当センターを利用するかしないかは別として、万が一の時の為に、夜間にこんなことができる救急病院があるということを是非多くの方に知っておいて頂きたいと思います。

※上記記事は2019年2月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

中村 篤史 院長 MEMO

  • 出身地:広島県
  • 趣味:常に新しい情報を得る為に色々な人に会いお話をすること、読書、トレーニング、健康管理
  • 好きな作家:岩田松雄、高野登、田坂広志
  • 好きな映画:ネバーエンディング・ストーリー
  • 好きな言葉:「人に苦しめられ、人に助けられる」
  • 好きなアーティスト:m-flo
  • 好きな場所:海

グラフで見る『中村 篤史 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION