東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索サイト

院長先生

― 獣医師―

渡利 真也 院長/川村動物病院(本蓮沼駅・犬)の院長紹介ページ

渡利 真也 院長

SHINYA WATARI

「人と動物に優しく」をモットーに
インフォームド・コンセントをしっかりした上で治療する


東京大学の農学部獣医学科に進み、卒業後は出身の関西に一度戻り、大阪のネオベッツVRセンターという高度医療専門病院の立ち上げから関わったり、アメリカに留学して、ミシガン州立大学とカリフォルニア大学で外科の診療に携わる。当院は川村院長が守り続けてこられた病院で、開院してもう45年になります。その川村院長がご病気で倒れられて、どうしても診療が難しくなってしまわれた。そのお話を伺い、できる限りのことをさせていただきたいと病院を引き継がせていただきました。

渡利 真也 院長

渡利 真也 院長

川村動物病院

北区/西が丘/本蓮沼駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●ハムスター
  • ●フェレット
  • ●その他

父と母が製薬会社の出身でしたので、医療に対してすごく興味がありました

渡利 真也 院長

父と母が製薬会社の出身でしたので、医療に対してすごく興味がありましたね。姉が借りてきた「動物のお医者さん」というコミックスに登場する獣医師さんに憧れたというのもあります(笑)。動物とふれあう機会が多くて、医療の分野にも携わることができますし、なによりああいうほがらかで優しい先生になりたいなと思って。それでも最初は、両親と同じ製薬会社か獣医師になるか、すごく迷いました。ずっと父親の働く姿を見てきましたからね。ですがやっぱり薬をつくるだけでなく、動物を治したいと思い、東京大学の農学部獣医学科に進みました。
大学卒業後は出身の関西に一度戻り、大阪のネオベッツVRセンターという高度医療専門病院の立ち上げから関わったり、アメリカに留学して、ミシガン州立大学とカリフォルニア大学で外科の診療に携わることができました。獣医師として、本当に良い経験を積む機会に恵まれてきたと思っています。

複雑な治療にも対応できる環境を整えています

渡利 真也 院長

来院される飼い主さんのお悩みは、避妊・去勢手術から尿結石、腫瘍のほかミニチュアダックスフンドに多い椎間板ヘルニアの手術のご相談までさまざまですね。

外科手術では”いかに素早く、かつ丁寧にできるか”が要となります。手術時間が長引くほど感染のリスクは高くなりますので、そこには気をつけて手術をしています。
少しでもリスクを減らすためには、獣医師の技術と経験、そして最新の良い医療機器が必要です。当院では川村先生が開院されてからずっと、本当に良い機械を揃えられていました。そうした機械をしっかりと使うことで、複雑な治療にも対応できる環境を整えています。

外科的な処置とあわせてカイロプラティックを行う

渡利 真也 院長

当院では、アメリカ政府公認のアニマルカイロプラクターである嶋田先生が、週に1度診察しています。外科的な処置とあわせてカイロプラティックを行うことで、椎間板ヘルニアが治らなくて立てなくなってしまった動物の神経の伝達を良くしてあげたり、関節炎で困っている動物たちの症状を和らげることができればと考えています。

「人と動物に優しく」をモットーに

先代の川村院長が大切にされていた「人と動物に優しく」をモットーに、インフォームド・コンセントをしっかりした上で治療することを心がけています。
やはり患者さんである動物たちを一番良く見ていらっしゃるのは飼い主さんですので、動物たちにはもちろん、飼い主さんにも親切に優しく接することで、初めて治療ができるのだと思っています。
治療方法についてお話をするときも、「専門用語だらけでなんだかよく分からないな」ということがないように、画像や実際の症状についてお話しながら、飼い主さんが納得したうえで治療にご参加いただけるようにと意識しています。

地域の中核病院として最良の医療を提供できるように頑張っていきたい

当院は川村院長が守り続けてこられた病院で、開院してもう45年になります。その川村院長がご病気で倒れられて、どうしても診療が難しくなってしまわれた。そのお話を伺い、できる限りのことをさせていただきたいと病院を引き継がせていただきました。

長年川村動物病院へ来院されている患者様の恩返しの気持ちを込めて、今後も川村院長の思いはそのままに、地域の中核病院として最良の医療を提供できるように頑張っていきたいと思っています。
動物たちが元気になって、飼い主さんも笑顔で「ありがとうございました」って言ってくださる瞬間が、僕たちの元気の源です。お困りのことがありましたら、ぜひ何でもご相談ください。お待ちしております。

※上記記事は2014.11に取材したものです。
情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

渡利 真也 院長 MEMO

  • 出身地:兵庫県
  • 趣味・特技:テニスとゴルフ(高校生まではサッカー部でした。)
  • 好きな本:東野圭吾、宮部みゆき、村上春樹
  • 好きな映画:古い映画ですが、ストレート・ストーリー。あとはコメディ映画も好きです。
  • 好きな言葉もしくは座右の銘:Life can only be understood backwards;but it must be lived forwards.
  • 好きなアーティスト:ジョン・レジェント
  • 好きな場所:アメリカのカリフォルニア、日本の温泉巡り

グラフで見る『渡利 真也 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION